内科

過敏性腸症候群IBS(Irritable Bowel Syndrome)

local_offer内科

この疾患の方は、当クリニックにも多く来院されます。

お腹が痛くなったり、便秘や下痢を繰り返す病気です。

<頻度>

日本を含む先進国に多く、成人の10%が罹患している病気です。

子供でも多く、小学生1.5%ですが、徐々に増加し、高校生になる頃には9.2%と非常によく見られます。全体では女性にやや多いです。

<なりやすい人>

若い人、女性、・家族にIBSの方がいる、不安神経症、うつ病のご病気がある方

<症状>

・下痢や便秘を繰り返す(あるいは、どちらか一方だけ)。

・お腹にガスがたまって張って苦しい。

・お腹が痛い。

<原因>

①ストレス

直接的な原因は、未だに解明されていませんが、ストレスと関係があります。ストレスを感じると脳の下垂体という部位からホルモンが分泌され、消化管運動・内臓知覚過敏に影響を与えます。

②食事との関連

食事に関連して、症状がでることがあります。これをfood-related gastrointestinal(GI) symptomsといいます。日本語にすると食事関連胃腸症状と言います。食事関連胃腸症状の原因となるものとしては、脂肪分の多いお食事・コーヒー(カフェイン類)・アルコール・香辛料などです。

 

<治療>

IBSは、日常の生活に支障が出るだけではなく、認知症のリスク・自殺率の増加や生命予後にも影響がでる病気と言われています。

ただし、適切な治療を行えば改善に向かい、ある程度自分でコントロールできるようになります。

1)食事療法

食事は規則正しくとることで、排便のリズムも整ってきます。

早食い、まとめ食いは避け、腹8分目が胃腸に負担をかけず、適量だといわれています。

また食物繊維はぜひ摂ってください。

以下のものは、IBSと明確に関連しており避けた方が良いです。

・脂肪分の多い食事

・カフェイン

・香辛料(とうがらしなど)

・乳製品

・アルコール

・炭酸飲料

<低FODMAP食>

最近、IBSに効果的と言われています。

小腸内で分解・吸収されにくい短鎖炭水化物であるFODMAP(フォドマップ)を多く含む食品をなるべく避けることでIBS症状を軽減させる食事療法です。

FODMAPとは、Fermentable Oligosaccharides, Disaccharides, Monosaccharides and Polyolsの頭文字をとったもので、「発酵しやすい糖類(オリゴ糖、二糖類、単糖類、ポリオール類)」

のことです。

FODMAPを多く含む代表的な食品としては、パン(小麦・ライ麦など)、ラーメン(小麦)、とうもろこし、タマネギ、にんにく、にら、ごぼう、りんご、すいか、もも、牛乳、ヨーグルトなどで、これらは高FODMAP食と言われています。

 2)運動療法

適度な運動をして規則正しい食事、十分な睡眠時間といったライフスタイルはIBS症状を改善すると言われています。水泳・ウォーキング・ヨガなどの有酸素運動は、身体機能を維持し自律神経を整えメンタルにも良い影響を与えます。

3)薬物療法

下痢・便秘・腹痛などの症状を考慮して消化管に効くお薬を選択して患者さんに処方をします。

①高分子重合体

高分子重合体であるポリカルボフィルカルシウム(コロネル®、ポリフル®)はメジャーなお薬です。ポリカルボフィルカルシウムは、高吸水性ポリマーと言って水分を大量に吸い取る物質でできています。腸管で水分が多い下痢状の便であれば、吸水作用によりポリカルボフィルは膨張・ゲル化して便と一緒に排泄され、下痢を改善します。

一方、腸管内で膨張・ゲル化したポリカルボフィルは水分を保っているため排便自体が柔らかいものとなるため通常よりも腸管における便の通過速度は速くなり便秘にも効果的です。

②消化管運動機能調整薬

腸管の運動を調整することでIBS症状を改善します。

③プロバイオティクス(Probiotics)

「腸内細菌のバランスを改善することにより人に有益な作用をもたらす生きた微生物」、のことです。

ミヤBM®(酪酸菌)、ビオフェルミン®、ラックビー®(ビフィズス菌)などがあります。

④セロトニン拮抗薬(5-HT3拮抗薬)

下痢型のIBSには、イリボー® (ラモセトロン)が効果的です。

⑤下痢止め

 

ロペラミド塩酸塩(ロペミン®)、タンニン酸アルブミン(タンナルビン®) などは下痢型IBSに効果があります。

ロペラミドは、過度の使用により腹部膨満や腸閉塞の報告があり注意が必要です。

⑥漢方薬

下痢型のIBS患者の方には、桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)、半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)が有効と言われています。

便秘型のIBSには、大建中湯(だいけんちゅうとう)の効果が示唆されています。

*漢方薬は効果に個人差があります。

 

 

 

 

寿命を縮める便秘、早めの腸活を!

local_offerアンチエイジング内科

便秘の方の割合は、男性25%、女性43%です。

65歳以降は男性で64%、女性で72.3%となっています。

海外の研究では、便秘がある人は、便秘がない人と比べて15年後の生存率が低い(約3/4)という報告もあります。

腸の健康は「免疫力」「ダイエット」「見た目の若々しさ」「幸せホルモンの分泌」「認知症リスク」とも深く関係していることが明らかになっています。

<原因は?>

①偏った食事

ジャンクフードの食べ過ぎ、ダイエット、食物繊維、水分不足、は快便のさまたげになります。突然死したエルビスプレスリーの主治医は、「ジャンク食の食べ過ぎと向精神薬の服用により高度の便秘となっていた。血管障害で突然死したことになっているが、排便時のいきみ過ぎで 血管がきれたものと思われる」と話しているそうです。

②ストレス

体にストレスがかかると腸の動きが悪くなります。腸のぜん動運動が起こるのは、リラックスモードの時。便意が起きやすい朝は、時間に余裕を持ってリラックスして過ごすと排便習慣がつきやすくなります。

③便意の我慢

「トイレに行きたい!」と感じても、忙しいからと、便意を我慢してしまうと、腸のセンサーが鈍くなり、便意をもよおす「排便反射」が鈍くなってしまいます。

④運動不足

腹筋に力を入れることでスムーズな排便ができるようになっています。運動不足だと、腹筋が衰えてしまうので、便を押し出す力も弱くなります。

⑤女性ホルモンの影響

女性の月経に関与する黄体ホルモンは大腸の蠕動運動を抑制する作用があります。黄体ホルモンが活発になる排卵から月経までの時期は便秘になりやすくなります。

<便秘が体に及ぼす変化>

①腹部膨満感、いわゆる、お腹が張った状態に・・

便秘の場合、腸内で悪玉菌が有意な状態になっていると考えられますから、食べたもののカスが腐敗し、悪臭のガスを発生しやすくなります。また、腹痛、食欲不振、嘔気も引き起こします。

③美容面でのトラブル

内臓のトラブルにより、血行が悪くなり新陳代謝が滞ることによって、肌のハリやツヤがなくなったりすることもあります。また、腸内で老廃物が次第に腐敗し、そこから毒素が出ることで、肌に吹き出物やシミ、ニキビができることもあります。

④精神的不安定

イライラ、不眠、頭痛、肩こり、めまいなどを引き起こします。

<便秘解消のために>

腸を健康にすることです!

①ストレスをためない、規則正しい生活

ストレスをためず、心身ともに規則正しい生活を送ることが、便秘解消の第一歩。

②運動

・“ちょい起き”の腹筋運動

仰向けになって両手を頭の後ろで組み、ゆっくり息を吐きながらつま先を見るようにして、頭を少しだけ起こします。5秒くらい数えたら、再び頭を元の位置へ。これを毎日10回くらい続けることで、適度に腹筋を鍛えることができます。

・ウォーキング、水泳、ヨガなどの全身運動

③食べ物

 

・食物繊維と水分を十分取る

食物繊維は、腸のぜん動運動を活発にし、便を排出しやすくしてくれます。

穀物、いも類、豆類、ひじき、寒天、果物など、食物繊維を豊富に含む食品をしっかり摂りましょう。朝、水や白湯などの水分をコップ1杯摂る習慣をつけると、腸が目覚め、活発に動き出すようになります。

・腸内環境を整える食品を摂る

日頃から腸内環境をよくする食べ物を意識して摂るようにしましょう。

たとえば、乳酸菌やビフィズス菌を含むヨーグルトや、納豆などの発酵食品、ビフィズス菌など善玉菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖など。

・極端なダイエットはNG

「痩せたい!」と思って極端に食事量を減らすと、食物繊維や水分も不足してしまいがち。そうすると、便のカサが減って、カチカチに硬くなってしまいます。ダイエットのため油の摂取を控えると、便の滑りが悪くなって、ますます出にくくなることも。

・食事のリズムを整える

3食をきちんと摂って、内臓の働くリズムを整えることも便秘改善にはとても大切。特に、朝食を抜いてしまうと、胃腸の働きが鈍くなり、便秘を引き起こしやすくなります。

④便秘の薬

どうしても便が出ないという時は利用しましょう。

正しく使わず、便秘薬を日常的に使用すると、腸の働きが鈍くなり自分で排便できなくなるので要注意です。

⑤サプリメント

サプリメントの服用も便秘の対策や予防には効果的。ビフィズス菌や乳酸菌のサプリメントは、忙しくて食生活が乱れがちな時には、頼もしい味方になってくれるでしょう。

当院でも取り扱っているおすすめのサプリは、「グルタミンビオ」です

<最後に>

便秘は放置せず、早めのケアが大切です。ぜひ、腸を健康にする「腸活」に取り組んで欲しいです。

 

 

「痛風」の原因、尿酸について

local_offer内科

痛風には欠かせないキーワード「尿酸(にょうさん)」についてお話します。

尿酸とは、プリン体という成分が肝臓で分解されて生じる老廃物です。

プリン体は、私たちの体の中で生成されており、細胞の代謝、増殖を助ける重要な役目を担っています。

尿酸はほとんどの動物では排泄されて体内には残らないのですが、人間と一部の霊長類にはその機能がなく、少量ですが体内にたまってゆきます。

尿酸が増えすぎたり排泄機能が低下すると「高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)」になります。

高尿酸状態が長く続くと、尿酸塩が体内組織に沈着し結晶化して様々な症状を引きおこします。関節で結晶化した尿酸で炎症が起こることを痛風発作と言います。また、腎臓に溜まると、痛風腎といい、腎臓の機能を低下させ、最悪、透析にいたらせる怖い合併症を引き起こします。

基本的に、ある程度、尿酸値が高い方は、薬での治療が必要になります。

「日々の生活で、尿酸を下げるためにどうしたら良いのか?」という質問も時々いただきますので、以下まとめました。

①食事の量を抑えて、体重を落としましょう

太るとインスリン過剰になり尿酸の排泄を抑制します。肥満を解消すると、多くの人で尿酸値が下がってきます。食事全体のカロリーを抑えましょう。

②アルコールを減らしましょう。

ビールにプリン体が多いというのは有名な話です。プリン体の量はお酒の種類によって違いますが、たくさん飲んだら一緒です。また、プリン体0と表記されたアルコールも見かけますが、アルコールそのものに尿酸を上げる働きがあることを忘れないでください。

③水分を十分にとりましょう。

尿酸は尿から排泄されるため、尿の量が増えれば、体内の尿酸が体の外へ出やすくなります。積極的に水分を摂りましょう。

④適度な有酸素運動をしましょう。

激しい運動は、かえってエネルギーの燃えかすである尿酸が増え、尿酸値を上げる原因になるので要注意です。ウォーキングのような軽い有酸素運動を継続して行うのが効果的です。

⑤ストレスを溜め込まない。

ストレス過多や脳を酷使する仕事をし過ぎると、尿酸値に影響を与えます。リラックスできる時間を作るようにしましょう。

⑥とった方が良い食べ物

・牛乳・乳製品:プリン体が少なく、尿酸を下げる働きがあります。

・ビタミンCを多く含む食材:じゃがいも、果物のビタミンCは尿酸排泄を促します。

⑦とらない方が良い食べ物

・極めてプリン体が多い(300mg〜):鶏レバー、干物(マイワシ)、アンコウなど

・多い(200〜300mg):豚・牛レバー、カツオ、マイワシなど

・中等度(100〜200mg):肉(豚・牛・鶏)、魚類など

・清涼飲料水:含まれる果糖が体内で分解される際に、尿酸値を上げます。

糖尿病をコントロールするために

local_offer内科

糖尿病患者は、予備軍を含めると6人に1人と言われ、急増しています。日本人などのアジア人種は、欧米人に比べて体質的にインスリン分泌の能力が低いと言われています。 つまり、日本人は糖尿病になりやすい体質だと言えます。

糖尿病で治療中の方、予備軍の方、糖尿病になりたくない方は以下の点に注意しましょう。

①健康的な食事

肥満を伴う糖尿病の患者さんは、若い頃からたくさん食べることが習慣づいていて、自分が食べ過ぎていることに気づいていない方がいます。若い頃は運動していたので、毎日ごはんを大盛りにして食べる、それが今でも習慣として残ってしまい、知らず知らずのうちに食べすぎている、こういった方は実に多いです。他の家族がもっと食べているから、友人よりは食べてないからと、誰かと比較することで食べ過ぎを判断してしまうと、大体失敗します。

カロリー計算を細かくしなくても腹8分を心がけてください。

意識して摂りたいのは、野菜や海藻、キノコ類など食物繊維の豊富な食材です。逆に、甘いものや主食などの糖質、揚げ物など脂肪の多い高カロリーの食品はほどほどにしましょう。一見、健康そうなシリアル、フルーツジュースや野菜ジュースも控えめにしてください。

1日3食、規則正しい食事を心がけ、夕食のドカ食いや就寝前の食事などは避けましょう。どんなものでも食べ過ぎないことが大切です。

食べる順番にポイントがあり、最初に野菜を食べ、後から主食を食べると、糖質がゆっくりと吸収され血糖の急激な上昇を防いでくれます。

②適度な運動

運動すると、体内のエネルギーを消費して肥満を防ぐことができますし、インスリンの働きが良くなるので、血糖値が下がりやすくなります。お金をかけてジムに行かなくても、ウォーキングのような運動で十分です。食後に軽いウォーキングを10~30分、少なくとも週3日を目標に続けてみましょう。運動する時間がとれない人は、エスカレーターのかわりに階段を使うなど、日常生活の中で体を動かす時間を増やす習慣を身につけましょう。特に、デスクワークなどで座っている時間が長い人は、時々立ち上がってストレッチをするなど、意識して体を動かしてください。

③ストレスと上手に付き合う

ストレスが多いと糖尿病を発症するリスクが上昇することが報告されています。ストレスにより血糖を上昇させるホルモンが増えてしまうからです。さらに、ストレス解消のため、食べ過ぎ・飲み過ぎになってしまうと、さらに血糖値が上がる恐れがあります。ストレスをゼロにすることは難しいと思いますが、自分に合った方法でやわらげ、なるべくストレスを貯めないようにすることが大切です

④適度な飲酒

多量飲酒は糖尿病の発症リスクの1つです。また、お酒はカロリーが高く、一緒に食べるおつまみもカロリーが高いものが多いので、飲酒の機会が多いと肥満のリスクが上がります。お酒を飲むときは、飲み過ぎないようにして、枝豆や焼き鳥のような高タンパク質・低カロリーのおつまみを選びましょう。どうしても飲酒が避けられない場合は、糖分がほとんど入っていないハイボールやワインを飲むことをおすすめします。

⑤禁煙

喫煙は「害」しかありません。インスリンの分泌や作用の低下を引き起こし、糖尿病のリスクを高めます。また、肺がんやCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、心臓や血管の病気など、さまざまな健康被害をもたらします。喫煙の習慣がある人は、できるだけ早く禁煙することをおすすめします。

コレステロールを下げるポイント

local_offer内科

コレステロール、中性脂肪は、ちょっとした心がけで比較的早く改善することができます。

食品から摂取されるコレステロールの割合はせいぜい20-30%,

卵や肉の脂身が直にコレステロールに反映される訳ではなく、70-80%は、肝臓などの体内で合成されています。

その材料は、実は、炭水化物、脂質、タンパク質と多種多様に含まれていて、全体的にたくさん食べるほど、合成されるコレステロールも増えてしまいます。

つまり、全体の食事量を増えすぎないように気を配ることが重要なのです。

ただし、食物繊維はいくら食べても太らず、コレステロールも増やしません。腸内をクリーニングし余分な脂質を絡め取り体外に排出してくれる有難い食材です。食物繊維をたくさん摂れる食材は、玄米、全粒粉、あしたば、ごぼう、ブロッコリー、切り干し大根、筍、かぼちゃ・・と多数あります。

一番、簡単なのは、主食の白米を玄米に置き換えることかもしれません。

 

 

患者さんからの質問 「ピロリ菌はうつりますか?」

local_offer内科

胃に生息するヘリコバクター・ピロリという菌の正式名称で、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどの疾患と関連します。

1960年代より前に生まれた方の感染率は80%と高いのですが、若い世代の感染率はもっと低くなっています。

感染経路は、はっきりしていませんが、口を介した感染や幼少期の生水摂取が原因と考えられています。

ほとんど 5歳以下の幼児期に感染し、母から子への家庭内感染も起こりえますが、大人になってからの感染は多くはありません。 胃カメラを受け、ピロリ菌による慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの診断がついた方は、保険適応でピロリ菌の除菌治療を受けることができます。

 

TOPへ