整形外科

関節の痛みに再生医療(PFC-FD療法)

local_offer整形外科

変形性膝関節症(軟骨がすり減って、膝が痛い)をはじめとした痛みをかかえる患者さんの治療には、飲み薬や注射で痛みを和らげる保存的治療と、痛みの原因を取り除く手術療法のふたつしかありませんでした。そこに、第3の治療として注目されているのが、再生医療(バイオセラピー)です。

バイオセラピーとは、患者さん自身の血液や脂肪組織を活用する治療です。ひとの血液中にある血小板は、出血した時、体が傷ついた時に働き、血液を固めて出血を防ぎ、組織を修復します。その血小板には、傷を治すための成長因子が多く含まれます。PFC-FDとは、Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dryの略で、血小板に含まれる成長因子を濃縮して凍結乾燥したものです。痛みのある関節や損傷した組織に注射することで、組織を修復したり、痛みを和らげたりする効果が期待できます。

PFC-FD療法は変形性膝関節症にもっとも多く活用されていますが少量ずつに分けて作成することもできるため、靭帯損傷や腱炎といった疾患にも活用することができます。

対象疾患

①変形性膝関節症

②腱板損傷

③靭帯損傷

④筋腱付着部の炎症

⑤テニス肘、ゴルフ肘など

PFC-FD療法の効果

PFC-FDには組織を修復・炎症を抑える効果があるため、個人差はありますが、6〜12ヶ月にわたり痛みが軽減することが期待できます。また、腫れや動かしにくさといった症状の改善も期待できます。ヒアルロン酸を注入した場合、数日から1週間程度で痛みが軽くなる、とよく聞きますが、それに比べると持続力があります。痛みや動かしにくさといった症状が改善することで、運動できるようになり、筋肉を鍛えたり、体重減少に成功すれば、さらに痛みが改善するといった好循環につながります。

PFC-FD療法のメリット

①安全性が高い

患者さんご自身の血液を使うため、他の人の組織を使った治療や薬物に比べると、副作用や感染症のリスクが低いといえます。

②治療が簡便である

血液を採取する時、注射を行う時の2回の通院で治療が完了します。

PFC-FD療法のデメリット

①自由診療のため、高額であること

保険がきかない自由診療であるため、費用は全額自己負担となります。

②治療効果にばらつきがあること

ひとりひとりの血小板に含まれる成長因子を活用する治療ですので、薬剤と異なり、その働きには個人差があります。

ご興味のある方は、スタッフにお声掛けいただくか院内に置いてあります自由診療ファイルをご参照ください。

 

腰痛の原因② 椎間板性腰痛

local_offer整形外科

最近腰痛で受診される患者さんが多いように思います。

今回は椎間板性腰痛について

 

 

椎間板といえば、椎間板ヘルニア。皆さん、椎間板ヘルニアという名前はよく耳にすると思います。

椎間板とは、背骨(椎骨)の間にあって、クッションの役割を果たしているもので、内側にある髄核と、それを囲む線維輪から成ります。

椎間板は、腰を曲げたり伸ばしたり、捻ったりするときの衝撃を吸収してくれるわけですが、加齢とともに、髄核から水分が減ると、そのショック吸収能力が低下します。また、線維輪も年齢とともに弱くなります。

繰り返される衝撃で、弱った線維輪から髄核が突出したものを椎間板ヘルニアといいます。

ちなみに、その突出した椎間板が、背骨から出ていく神経を圧迫して、臀部、太ももからふくらはぎの外側後面にかけてするどい痛みを生じるのが、腰部神経根症、いわゆる坐骨神経痛です。

 

椎間板は背骨の前側にありますので、特に上体を起こす時、前屈みになる時、背中を丸くする動作で椎間板に潰れるような圧迫力がかかります。椎間板が原因の腰痛では、どちらかといえば前屈動作で痛みが生じやすいです。柔らかいソファの腰をかけたり、長時間の自動車の運転でも悪化します。またくしゃみやいきみ、咳で、体がぐっと縮こまるような力がかかった際も強い痛みを引き起こします。

 

レントゲン写真では背骨と背骨の間の隙間を見ます。隙間が狭まっていれば、椎間板が潰れているだろう⇨椎間板ヘルニア、とよく診断されます。おおよそ間違っていないと思いますが、それが痛みの原因とは限らないのが難しいところです。椎間板が潰れた分だけ背骨の間隔が狭まり骨同士がぶつかることでも痛みが出ることがあるからです。どちらにしても腰痛があることに変わりはないのですけれども。

 

腰痛の治療は、原因が何にせよほぼ同じで、安静、痛み止め、湿布で症状を和らげます。また、腰痛もちの人は、もともと猫背だったり、体が硬かったり、と、腰痛を起こしやすい要素がある場合が多いので、再発を予防するためにもリハビリテーションが重要です。これまでに何度か腰痛を自覚したことがあるかたは、一度ご相談いただければと思います。

腰痛の原因①

local_offer整形外科

腰痛でクリニックを受診される方は非常に多いです。急性腰痛症いわゆるぎっくり腰や、下肢のしびれや痛みを伴った、腰部脊柱管狭窄症など、原因はさまざまですが、今回は仙腸関節痛について

 

 

仙腸関節は、尾てい骨の上にある仙骨と、その左右にある腸骨(寛骨)の間の関節です。それらは靭帯で強固につながっているため、数ミリ程度動くだけですが、その関節にわずかなずれが生じると痛みが出ます。

多くの場合は左右どちらかの腰殿部の痛みです。痛みが、そ径部や下肢までひびくことがあります。

症状の特徴として、椅子に長く座っていられない、痛い方を下にして寝ると痛みが悪化するというかたが多いです。

 

診断には、まず整形外科的な診察を行います。ワンフィンガーテストといって、一番痛みが強い部位(仙腸関節)を人差し指1本で指せることが多いのが特徴です。また骨盤部の圧迫や、股関節をひねる動きで仙腸関節の痛みが生じるかを確認します。仙腸関節はほとんど動かない関節ですから、レントゲン、MRIなどの画像検査では異常を認めないことがほとんどです。

 

安静や鎮痛剤(痛み止め)、湿布で症状を和らげる治療を行います。また、局所麻酔薬によるブロック注射で痛みを良くすることで、仙腸関節のずれが解消され、徐々に良い方向に向かうことが期待できます。

 

さらに、当院では、リハビリテーションも行います。仙腸関節のずれを治したり、腰や股関節を動かす訓練、筋力訓練を行うことで仙腸関節を安定させることを目指します。

local_offer整形外科

にわか雨+太陽光→虹

神秘的な自然現象に原理があるように、

病気もまた自然現象ですから、原因・素因があります。

 

なぜ痛むのか

どうすれば早く良くなるのか

 

患者さんが納得できるようにしっかり説明して、

治療にあたりたいと思っています。

 

そのため、問診、身体診察に時間をかけ、さらに最新のエコー、MRIを駆使して原因を探ります。

できる限り効率的な診療を心がけておりますが、待ち時間が長くなってしまうこと、ご容赦ください。

 

梅雨の悩み

local_offer整形外科

先月梅雨明けしたもののこの梅雨空、外来にいらっしゃる方は口を揃えて「この天気だから痛くてね〜」とおっしゃいます。寒い日や天気が悪くなる時、気圧が下がる時に痛みが悪化することを多くの方が経験していると思います。名古屋大学の先生が「気象痛」「天気痛」ということばを使い、科学的に立証しています。慢性的な痛みがある方は、気圧の変化を敏感に感じ取りやすくなり、自律神経が異常をきたし、また、痛みを感じる神経が変化することで痛みを感じやすくなるということです。

 

自律神経を整える生活

 ・朝起きたら日光を浴びる

 ・朝食を食べる

 ・運動を取り入れる

 ・ぬるめの湯で入浴してリラックス

 ・質の良い睡眠、規則正しい睡眠リズム

 

メリハリのある規則正しい生活で、天気痛とうまく付き合っていきましょう。

骨密度検査のススメ

local_offer整形外科

みなさんは病院に行くと血圧計に腕を通し、血圧を測定しますよね。家でもまめに血圧を測定している方が多いと思います。血圧が高ければ血圧を下げる薬を飲み、適正な血圧を目指します。

 

それは何のためでしょうか?

 

高血圧→動脈硬化→脳出血や脳梗塞、心筋梗塞など、将来起こるかもしれない怖い病気を防ぐためです。

 

骨粗鬆症という病気は、簡単にいうと骨がもろくなっており、骨折しやすくなっている状態です。

ただ、骨が弱いだけでは痛くも痒くもないため、ほったらかしにしている方が非常に多いのが現状です。骨折して初めて骨が弱くなっていた事実に直面するのです・・・

 

普段からあまり運動していない、体力に自信がないという方はもちろん、自分は足腰が丈夫、骨太の家系と思い込んでいる方ほど、一度は骨密度検査を受けてみませんか?

 

TOPへ